top of page

ウィーンの音大受験へ!おすすめの宿泊先や練習室【2022年6月版】

更新日:2023年3月5日

こんにちは。ソプラノの櫻井愛子です。 もしあなたが志を胸に、「さぁ、ウィーンに受験しに行こう!」と思い立ったときに、まず心配になることは「宿泊先」そして「練習場所」かと思います。

私個人は、1年間は留学すると決めていたので、短期ではなく長期の音出しOKの物件を探してそこに滞在していました。

なので実際の体験ではなくて申し訳ありませんが、コンクールなどで遠征した経験を元に考えてみました。



宿泊場所について


「ウィーンで治安の悪い場所を教えてください」との質問も何度か受けたことがありますが、私自身、若干治安が悪いと言われていた地域に1年住んで何事もありませんでした。寧ろ中心地に近い、いわゆる高級住宅地といわれる場所で危険な目にあったこともあります。何が言いたいのかというと、ウィーン市内の滞在なら地域の治安を考えすぎる必要はないと私個人は考えています。

それを踏まえた上で、以下のアドバイスがお役に立てたら嬉しく思います。





アドバイス①:ウィーン在住日本人の掲示板で貸し物件を探す


私も何度となくお世話になった掲示板●ウィーンの森の散歩道● (xn--dckf6u9a.com)で、希望する日程でお部屋を貸してくれる方がいないか探してみるのを一度試してみてください。借りる時期が2,7~9月以外の場合難しいかもしれませんが、もし見つかったときはラッキーです。その物件は日本人が住める安全さが担保されています。更に運が良ければ音出し可能物件を借りることができるかもしれません。



アドバイス②:Booking.comのような宿泊予約のためのオンライン旅行代理店で探す


もしも2週間程度の滞在を見込んでいるならば、Booking.comやHopperなど、オンラインでユースホステルなどの安い宿を探してみるのもありかもしれません。また、オンライン旅行代理店で大体の目星をつけて、直接宿泊所に連絡を取るという方法もあります。直接連絡の良いところは、連泊の場合ディスカウントの交渉ができる点です。臆せずに宿泊所の公式メールアドレスなどに交渉のメールを送ってみましょう。

アドバイス③:ネットでとにかく検索する


「Wien günstig kurz Aufenthalt」など適当な言葉でネット検索すると、色々と宿泊施設について結果がでます。例に私が上記の検索ワードで検索したところ一番上に出てきたページを貼り付けておきます。 Kurzurlaub nach Wien zu attraktiven Preisen | Kurz-mal-weg.de




練習場所について


ウィーンの竹下通りのような存在である、Mariahilfer通りから少し入ったところ、西駅(Westbahnhof)から歩いて徒歩5分ほどの場所に、Klaviergalerie というピアノ販売店兼貸しスタジオがあります。部屋によっては1時間4ユーロから借りられる、非常に使い勝手の良いスタジオです。正直ここしか使ったことがありませんが、アクセスも良いのでオススメです。 4月からマスクなしで利用できるようになったようで、声楽家にも嬉しい条件のスタジオです。 スタジオの予約はこちら↓↓



まとめ


ウィーンの音大を受験するための短期の滞在先は、ウィーン市内であればほぼ問題ないと言えます。あとは、行きたい場所へのアクセスや経済面などを考慮すれば、きっとご自分にとって最適な場所を見つけられるはずです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

イイねやコメントがブログ作成の励みになります。応援よろしくお願いいたします。


こちらも合わせてご覧ください✨ https://www.aikosakurai.com/post/ウィーン国立音大の声楽科の入試について【入試の前に受けておきたいvorsingen(フォアズィンゲン)って何?】 https://www.aikosakurai.com/post/ウィーン国立音大の声楽科の入試について-【試験準備と当日の流れ】 https://www.aikosakurai.com/post/ウィーン国立音大の声楽科の入試について【先生探し(レッスンの謝礼の相場なども)】

bottom of page